アムウェイ勧誘体験記|マルチ商法・ネットワークビジネス・訪問販売の回避例-Amway編-2-

アムウェイ勧誘を回避せよ


アムウェイの共同創業者 死去。お悔やみ申し上げます。

フォーブスによると、資産6000億円。。米ドルで55億ドルくらい。

トランプ大統領の資産より20億ドルほど上回っています。

(ちなみにアマゾンの社長ジェフ・ベゾスの資産は1365億ドル(日本円で15兆円)と言われています。)

マルチ商法とかネズミ講とか言わずに「連鎖販売取引」「ダイレクト・セールス」とも言うみたいですな。アムウェイ。

今回は25年前に私が受けたアムウェイ勧誘の思い出話を。




 

アムウェイ勧誘の5大特徴

  • などの調理器具で料理や缶コーヒーをふるまってくる
  • 洗剤を推してくる
  • みんなで動画(ビデオ)鑑賞会するからおいでよ
  • ためになる講演会があるから行こう
  • 会社のグチなどを引き出し、そんな会社辞めちゃいなよとかいう。
  • 前述アムラー(違)F君からのアムウェイ勧誘されたが無事だった話。

今回お話する第二話は実は順序は逆で、Fよりも以前、18歳の冬に受けたアムウェイ勧誘話です。

なので、19歳の頃にFからアムウェイ・アタックを受けた時には「1回予防接種を受けた」状態。

耐性が出来ており、ああこれはアムウェイっちゅーやつだ、と明確にFにガックリすることが出来ました。

↓第一話はコチラから↓

アムウェイが口説いてくる。勧誘体験記|マルチ商法・ネットワークビジネス・訪問販売の手口-90年代Amwayの巻-

2018.03.23

さて
第二話は18歳で受けた「アムウェイ勧誘童貞を喪失した。いつの間にか喪失しており、血すら出なかった。」お話です。

闇アムウェイスキー合宿に誘われる

会社の同期で友人であるUちゃんが、スキーに行こうと誘ってくれて行くことに。

ころえもん、Uちゃん+U姉+その友人K夫妻(&乳のみ児)+さらに友人Aさん(男性)という6人で。

Uも楽しい人だったけど、姉はさらに面白く、明るく楽しい人でした。いつも笑っている印象。

気軽に自宅に招かれアムウェイ商品群を見せられる

スキー場に向かう前に、Uちゃんと一緒に電車でK夫妻のお宅へ集合。

Uちゃん以外と初めましてのご挨拶。
2DKのマンション。

そして、Kさんの運転で3時間ほど走って、夜にスキー場近くのコテージに到着。

宿泊は自分たちだけ。

K夫妻「を持ってきたよ。鍋パーティしよう!」

アムウェイ勧誘の技

アムウェイ鍋がたびたび活躍

↑※イメージです。無料素材サイト「写真AC」からDL

アムウェイ鍋の登場

ワイワイ楽しく美味しく、鍋料理をごちそうになりました。

鍋を買うように言われてもいないし(多分)
その鍋を売りたいという雰囲気もありません。(多分)

アムウェイ童貞の私には…と言うより、そのようなビジネスとやらがこの世界にあるということ自体を知らない、ただの世間知らず、田舎から出てきたばかりの18歳の目には「単に鍋を用意してくれていたK夫妻」としか映らないので。

世間知らずの18歳の前にアムウェイ商品の山

K夫妻のマンションでも「会社員じゃない様子の商売の人達ってこうして家に商品や箱を置いてる、そういうもの」「なんだかずっとビデオ(誰かの演説の様子?)かけっぱなしなんだ」くらいの。

そもそも初対面で、しかも自分より10歳くらい大人のご夫婦宅に置いてあるモノに、どうこう感想を述べる立場でもない。たまたま目にした「風景」にすぎない。

アムウェイ商品在庫

アムウェイ商品の山(イメージ)

スキーも楽しく、車中でも岡村靖幸「早熟」を聴いて大声で歌いながら、とても楽しかった。

再度、別のアムウェイ会員宅へ

スキーの数週間後、またUちゃんから

「Aさんちでみんなでビデオ鑑賞会するから、ころえもんも行こうよ〜」

今思えば、よくそんなのホイホイ行ってたなと呆れるが。

18歳は外で遊びたい盛り。

特に夜、ドライブがてら外に行けるなら何でも行ってみよう的な年頃だった。

リスキーすぎる・・と今になっては思うけれども。

若気って、アホって、そういうものだ。

Uは「素」だった。非会員。勧誘という意識はなかったんだろう。

U姉が楽しくカジュアルに、警戒心を持たせないやり方で妹を動かしていたんだろう。

Uも世間知らずだったのだ。

さてAさん宅での「ビデオ鑑賞会」。

ビデオって映画かと思いきやまた誰かの演説か

怖さや危機感というより、ひたすら「つまんない。。。」

Aさん、K夫妻、U姉は無言かつ熱心にビデオをひたすら見てる。

Aさんはスキーの時もこの日も寡黙なオニイサンだった。

内容について感想を言ったり、ツッコミ入れたり、そこにいる18歳のコドモにどうこう説明したりも、しない。

え?コレ私に見せてるのかな? みなさんが見てるだけで、別にオマエ見ろなんて言われてないから、違うよね?

ひたすら見てる&見せてるだけ。

なんなんだろう?この空間。時間。

つまらん・・・。ビデオって映画じゃないんかい!どこか遊びに行きたいよ。。

その夜も、それで終了。

「初詣に行こう!」また深夜のドライブ

それまで初詣というものに行ったことがなかった私は、K旦那&U姉の誘いが嬉しかった。

元日の夜。

やっぱり大人はクルマでササッとそういうの連れて行ってくれて便利だな〜と。←危なすぎるコドモ…。



初詣の帰りに送ってくれて「あーなんかコーヒー飲みたいな」とつぶやかれる

当時、社員寮で暮らしていた私を寮まで送ってくれた。

年末年始で大半の寮生は帰省している。

私「コーヒー?ファミレスでも行きますか!」と提案すると、

K鍋と缶コーヒー持ってきてるから部屋で温めさせて」

え!Kさんっていつもクルマに鍋を標準装備してるんだ!

そういうもんなんだな〜と思いながら、K旦那+U姉を寮に上げてるアホな私(死)

ご大層にアムウェイ鍋に水をしいて卓上で缶コーヒーを温めだす、K旦那とU姉。

元日の夜からアムウェイ鍋でぐつぐつと缶コーヒーを煮る我々

 (そういえば前述のFも缶コーヒー温めてたな・・・)

K旦那「ころえもんちゃんは、自炊してるの^^?」

—-「ほとんどしませんね〜買ってきた惣菜を食べたりですね。インスタントラーメンとかー」

K「栄養偏るよ〜」

—-「そうですよね〜。でもめんどくさくて・・」

U姉「この鍋あれば料理捗るよ〜^^」

—-「そうなんですね〜^^」(それすら面倒くさい・・ダメ人間だ)

K「インスタントラーメンも作れるよ!」

—–(え?スゴイ鍋あるのにやっぱりインスタントラーメン食べちゃうの?あぁ…まーそうなるよね〜、ダメ人間の私なら。ってか普通の鍋でもラーメン作れるよな..)

「ほんとコレ使い出してからオレ健康的になったもん〜」

—–「おお〜!良かったですね〜」

(でもKさん禁煙が続かないって言ってたな…まあ止めれないよね)

「ほんとすごいんだよ〜^^洗うの簡単だし〜」

—「へえ〜〜^^」(Kさん幸せそうで良かった^^)

しーん・・・

U姉→ ^^

シーン・・・・

アムウェイ勧誘、疲れて帰って行った(未明)

朝4時半、2人は帰って行きました。

それ以降、遊びに行こうと誘われることも、会うこともなくなりました。

鈍感力が功を奏した

え?
あれって勧誘されてたの?

鍋を買えって言われてたの?

そうだったのかな。ゴメンね。

Kさん、良い鍋もってて幸せそうだから、誰かに聞いて欲しかっただけなんだと思ってたよ。

私を勧誘してたんだ。営業してたんだ。
ゴメンね気づいてあげられなくて。

アムウェイ回避策は鈍感力と「聞かない力」

どれだけアピールしても響かない人には響かないと悟らせる

本当に興味がなければ反論すらも出てこない。

ただひたすら「この人しゃべりたいから喋ってるだけなのだろう」「てか眠い・・」と思いながら、

「へえ〜」「そうなんですかあ」「ほぉほぉ〜」

(適度に感心したかのような顔。でもそれ以上の感想は特に出てこない)

これを何時間も続ける。

徹底的に聞き役に回る

何時間でも、何日にわたっても、ひたすら聞いてあげて
「のれんに腕押し ぬかに釘」になること。

それ以上ムリヤリ話を進めると法に抵触するんだか知らないが、とにかくそれで諦めてくれた。

「こ、こいつ…どれだけ言ってもほおとかへえとかしか言わねえ…ひとごとだ…時間のムダだ…眠い帰る」状態にする。

長丁場を制するのは絶妙な無関心と同時に感心してるフリ「聞かない力」だ

へたに反論すると、言いくるめられる。

変にエンジンがかかってしまい、コチラもエキサイトしてしまうおそれあり。

聞いてるようで聞いてないが大事。
聞く力じゃなくて。

アムウェイ勧誘を回避せよ

ダメだこいつ聞いてねえ

(だ、だめだコイツ・・聞いてねえ・・・)
(へえ〜そうなんだあ♪)聞いてないカオ
 

ただし時間のムダが凄まじい

デメリット:膨大な時間がかかる。
ヒマな人のみが可能な対処法である。

あと基本中の基本「自宅に上げてはならない」

私はやっちゃってたけど、今思うと大変危険ですね。
時間の無駄が多くなるし。

ありがとう、K夫妻。U姉。元気でやっていますか?

スキーは楽しかったし初詣もできて楽しかった。

ありがとう、おかげで次なる刺客Fからのアムウェイアタックでちゃんとガッカリ出来ました。

(写真は全てイメージです。無料素材サイト写真ACから使用しています)

Follow me!

あの店予約しましたか?↓ココからできます

希望するお店のプランをネット予約
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です