ダサいセキュリティポーチは嫌!小さなボディバッグCARAVANで安全かつオシャレな海外旅行になるレビュー

HOLDTUBEのCARAVANのレビュー記事のアイキャッチ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

パスポートを入れるポーチ、どんなの使ってますか?

納得いってますか?

それ持って誰と海外行くんですか?

お友達ですか?

恋人?家族?

楽しみですねー!

わくわくしますねー!

ウキウキなのにダサいセキュリティーポーチは避けたいですよね。

でもセキュリティポーチって

ころえもん
ダサくないですか?

腹まきタイプにしろ、首からさげるタイプにしろ、いまいち。

そこで当記事では

センスはソコソコ、
それより「異常なまでの心配性」である私ころえもんが、探求の末ようやく安全性とオシャレさに納得した「CARAVAN」の良さを激しく推します。

安心の海外旅行だけでなく

普段の休日に使っててもダサくない。

そして、

見た目の軟派さによらず

がっつり貴重品を守ってくれる
心強いボディバッグなんです!

若者オシャレさんも納得!おじさんポーチとは違うのだよ

今までのセキュリティ・ポーチは「おっさん」ぽかった。

まず、色。

だいたい黒。

黒ポーチのおっさんくささ、受信料の集金員っぽさは異常。

「若い人が休日やデートで使わないよね?」みたいな黒ポーチも、「海外旅行の時は仕方なく使ってる…」という方も多いのではないでしょうか?

本人のセンスを無視せざるをえないほどに、セキュリティーポーチの選択肢は少ないのです。

  • 地味。
  • 無難でつまらない。

毎日の通勤電車で揺られるビジネスバッグの大多数が黒→見飽きている・あふれている→だからつまらない(ダサく見える)んでしょうね。

黒って、簡単で、だからこそ難しいオシャレなんですよ。

その分、
絵柄があると一気に突き抜けることができます。

クリックするとAmazon詳細ページが開きます

おしゃれメリット❶絵柄のバリエーションが豊富

せっかくの海外旅行。

ハレの日だから黒ポーチはやめましょう!

思い切って絵柄入りのバッグにして気分をアゲていきましょう!

絵柄ラインナップ

全部で8種類あります。
例えばこの4種。

↑クリック→その他の色も詳細ページに飛べます

  1. SLATE HERRINGBONE
    サックスブルーのヘリンボーン・ストライプ
  2. KHAKI HERRINGBONE
    カーキのヘリンボーン・ストライプ
  3. DESERT CAMO
    ベージュ系の迷彩柄
  4. VINTAGE FISH
    古代魚のモチーフ
  5. WATER WEED
    クジラのモチーフ
  6. HOP & SKULL OX
    ガイコツのモチーフ
  7. CHAMBRAY GRAY
    霜降りグレー
  8. >黒もあります>>SOLID BLACK
この章のまとめ
HOLDTUBEのCARAVANはデザインのバリエーションが豊富。おっさんぽくないデザインを選べる。

海外でのセキュリティ面もバッチリ!

あらためまして、私ころえもん、超小心者。
海外へ行く日が迫ると心配性が暴発します。

  • 防犯準備と紛失対策で旅行前が忙しい。
  • 充電器の予備の予備の、予備を持っていく。

などの警戒すぎる行動で友人の失笑を買う。

そんな私が「これだ!」と納得した、CARAVAN。

おかげ様でスリ多発のアテネから無傷で帰ってきました。

しっかりセキュリティーしてくれたポイントについてお話ししましょう。(むしろこっちが本題)

トラブル予防メリット❶小さい。コンパクト

防犯的に、小さめで体へしっかり密着するCARAVANじゃなきゃダメです!

▼理由

コンパクトだから体の前側に密着して定位置化できる

貴重品バッグは「体の前」でフィットしなければなりません。

なぜなら…

ボディバッグに貴重品を入れてスリ被害にあった人の話

バッグを無意識に背中側に回してショッピングモールを歩いていた→いつの間にかスられていたin韓国

恐いですねー。ウキウキが台無しです。

ころえもん
ヘタなボディバッグじゃヤラレちまうな…

なぜそうなってしまったか?

大きすぎたのですよ、バッグが。

大きいと邪魔→うっかり、背中側へ回してしまう。

▼こういうのは日本で街歩きボディバッグとしてはいいけど、海外で貴重品入れにするとリスク要因となります。

↑国内なら良いですけど

大きいからうしろに回ってしまうバッグはダメ!

『前に抱えるよう気をつけるから大丈夫』と思っていても
「つい」邪魔だから後ろにやってしまうものなんです。

それに

「常に気をつける」と疲れちゃいます。

CARAVANなら自然にしていても前側のポジションにピタッとおさまります。

敵に背後を取られちゃダメです!

『貴重品は奥の方に入れてるから。大きめでも平気だよ』?

いえいえ、プロのスリは見抜いています。

華麗に手を突っ込んで、抜き去っていきます。

スリ対策のコツ
体の前側に自然に定位置化するボディバッグを選ぶストラップを短めにし、斜めがけしたら、心臓の前に定位置化!

心臓の前、首の下にあるパスポートを「知らん間に奪われていた」は起こり得ないです。(※気絶さえしていなければ)

CARAVAN着用例

さらに
ボディバッグの上からリュックサックなどを重ねれば、なお安心。

ボディバッグの上からリュックを背負うころえもん

リュックでロックオン

バッグごと奪われることがありません。
(※体ごと引きずり回されていない限り。)←もうこうなったら、ほとんどコロサレテますよね…。

最小限の貴重品しか入らないので見失わない

さて、問題です。

10個モノが入った大きな袋から1個見つけるのと、
3個だけモノが入った小さな袋から1個見つけるのと。

どちらが出しやすいですか?

10個のものが入った大きな袋と、3個の物が入った小さな袋の出しやすさの比較

小さい方ですよね。

貴重品が入ってるバッグに、他のモノを入れるのはダメです。

そもそも、それを許す大きさのバッグにしてはいけません。

だから小さめのCARAVANが最適!

貴重度の低い、失くしても替えが利く物(カメラ、予備のクレカ、ガイドブックやサングラス、ハンカチ諸々)は別のバッグに入れましょう。

替えがきかない大切なものを厳選
最重要:パスポート(替えが利かない。旅が強制終了)
重要:スマホ、本命クレカ、現金。(ないと支障をきたす。困るけど替えは利く)
ともに悪用の危険あり
例:ころえもんがCARAVANに入れていた物
重要性→❶パスポート❷本命クレカ❸スマホ❹自宅のスペアキー
利便性→①小銭入れ(←チップやバス代をとっさに出す状況が意外と多く、このポジションから速攻で出せると便利だった)
②レシートの一時保管

パスポートをタイトに収納できる

CARAVANの内ポケットにパスポートを入れ、内ジッパーを閉めると、ギッチリと格納する形になります。タイト。

CARAVANの内ポケットにパスポートを入れた

これが、変にゆとりがあった場合、どうなるか。

パスポートが落ちる恐れがあります。

あと、世界一のスリが狙っていた場合、抜かれるおそれがあります。(真顔)

CARAVANの内ポケットは、
盗る立場にとって「キツイ」のです。

万が一、手が入ってきても
抜くのに手間取るので、時間稼ぎになります。

また内側ジッパーのツマミ部分は、はしっこの奥まった部分に隠せるようになっており、さらに他人が取り出りづらい仕組みになっています。

HOLDTUBEのCARAVANの内部ポケットのジップ

なお、CARAVANにスキミング防止機能は組み込まれていませんが、
▼こういったケースにパスポートやクレカを入れておけばOK。(別途購入)

↑枚数あるので同行する友人や家族にも分けてあげましょう。

この章のまとめ
【小さいことが盗難防止の秘訣】

  1. 体の前側に自然とポジション。
  2. 内ポケットがパスポートをがっちりガード。
  3. 余計な物が入らないから、大切な物を見失わない。
CARAVANの着用例

着用例。モデル身長159cm


トラブル予防メリット❷ストラップが頑丈

さっきから「小さなボディバッグなら他にもあるじゃん!」と的確にツッコミながら読んでいた方へ。

CARAVANでなきゃいけない理由とは!

ストラップが頑丈で太く、本体と一体型だからオススメなんです。

小さいバッグってストラップが細いものがほとんど。首から下げるセキュリティポーチもそうですね。

飢えた輩がハサミやナイフをもってすればカットされちゃいます。

CARAVANは違います。

カットされる心配のない太いストラップ

HOLDTUBE CARAVANのストラップの縁取りが二重

フチどり加工で頑丈

CARAVANのストラップは太くて頑丈。
フチは二重の生地

外される危険のない一体型ストラップ

「いつの間にか留め具をはずされ、気づいた時にはストラップだけが肩に乗っていた。バッグ本体は盗まれた」

(´༎ຶ۝༎ຶ)

こんな怖い体験談をネットで読んで以来、私はそういうバッグは海外では使わないことにしたんです。(真顔)

ストラップが外せるタイプのバッグはストラップが外されたりちぎられたりしているイラスト本体とストラップは一体型であるべし!

本体とくっついてるのに引っ張り回してちぎられるなんて、ほぼ不可能ですよね。

可能だとしたら…それはもう本人が既にズタボロの状態ってことですね…。

この章のまとめ
CARAVANのタフなストラップで強奪防止

トラブル予防メリット❸斜めがけだからトイレでもつけたままでOK

腹まき式のセキュリティポーチって、トイレで邪魔ですよね?

「トイレの間、今だけ!絶対忘れない!」と思って外してる人も多いのでは?

外して、トイレのドア裏のフックに掛ける→ダメ!(ドアの上から手が伸びてきて盗難事件あり)(そして意外と忘れる)

あるいは棚に置く→ダメ!(忘れる人多し)

CARAVANを斜めがけすることで紛失リスクを回避しましょう。
(もちろんウェストポーチ使用もCARAVANならオシャレだし可能ではありますが。斜めがけを推奨します)

お腹や腰に巻くベルト式ポーチは取り出しづらい

お腹が出てると邪魔だから(←経験者)、位置がズレてくるんですよ

それに、服をめくってジップを開けて…さぐって…とか、取り出しづらい。着込んでいるとムリ。
(特に女性であればインナーの裾をめくるのはリスク。ワンピースじゃダメだし)


まとめ:CARAVANが海外旅行のセキュリティーポーチに最適

  1. おっさんくさくないデザイン
  2. コンパクト
  3. タフなストラップ

以上の理由から「これからのセキュリティーポーチ」として最適であると言えます。

ぜひ、CARAVANを「守護神」として、安全にオシャレな海外旅行へいってらっしゃいませ。

HOLD TUBE公式サイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今あなたにオススメ

フリー素材の記事だけを別サイトで特集します

フリー素材図鑑

◎別サイトが開きます。

ころえもんセレクトの素材特集の新サイトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です