1990年代初め.インターネット普及以前の転職活動ってどうやってた??

履歴書の手書き

今でこそ転職サイト「リクナビ」「マイナビ」等あるけど。1990年代初めに私が転職した時、あって転職[雑誌]しかありませんでした。

f:id:LOKUTO:20180303001144j:plain

「デザイン系高卒で3年半ひたすら文字打ちの仕事→やっぱりデザインがやりたいと、あとさき決めずに退職。

インターネット普及前。リクナビNEXTなど転職サイトはありません。今じゃ考えられない不便さ(笑)

どうやって転職先探したんだっけ??

  • 職業安定所(ハローワークの正式名。1990年からこの名称も使い始めたとのこと)

紙の書類で分厚いファイルを棚からえっちらおっちらテーブルに広げて、みんな見てた。端末は、無かった。

  • 転職雑誌(DODAなど)、アルバイトなら「an」。

紙媒体。

DODAは1989年創刊。「デューダする(転職する)」。

雑誌名を動名詞にした言い方も広まっていました。TVCMもバンバン打っており知名度の高い求人誌。

女性向け「とらば〜ゆ」誌もあり、会話の中でも「とらば〜ゆするの?(転職するの?)」という風に使われていましたね。

私もこの時期1冊は買ったかも。

今ならリクナビNEXTや[en]、マイナビ転職などの転職サイトがこれにあたりますね。(便利ですわ…)

  • 人づて

知人の紹介。

まさにこの時の私はこれで転職しました。

同僚の兄上がたまたまデザイン事務所でデザイナーをしていて。面接に来てみる?と弟さんを通じて声をかけてくれました。

同僚とは親しくて、退職前から兄上とも会ったこともあったし、デザイナーをされていることは知っていたけど、いいなあと思っていただけで、そこに入れるとか入りたいという発想はなかった。

けど弟(同僚)が、あとさき考えず退職してぼんやりしている私を見かねて、兄上に言ってみてくれた、と。(苦笑)

今あらためてみて、やばいですね私。(汗)不用意。
ご兄弟の親切心に感謝です・・・!

当時23歳。1993年頃。バブル崩壊直後!(当時はバカ過ぎてこの認識も薄かったような…)

「面接に来てみる?」と同僚の兄上に声をかけてもらってまず私がしたことは、そのデザイン事務所の社長に向けたアツイ手紙を書くことでした。

平成5年(1993年) の出来事

4月 天皇・皇后、沖縄を訪問

5月  Jリーグ開幕

6月 皇太子徳人親王、外務省キャリアの小和田雅子さんと結婚

8月 土井たか子が女性として初の衆議院議長になる。

11月 欧州連合( EU) 発足。

12月 田中角栄元首相死去。

出典:「平成史」佐藤優・片山杜秀

Follow me!

あの店予約しましたか?↓ココからできます

希望するお店のプランをネット予約
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です