どれだけ並ぶ?スタバ高級店舗おひとりさま体験記「Starbucks Reserve Roastery行列対策」

スターバックスリザーブロースタリーの整理券
スポンサーリンク
スポンサーリンク

当記事は中目黒のプレミアムなスタバ「スターバックス・リザーブ・ロースタリー・トーキョー」に、オープン6日目の平日におひとりさま客で行った「行列レビュー」です

どれくらい並ぶのか、心構えしておきたい方。行ってみてドン引きして戦意喪失したり、「ああすればよかった」とならないよう、参考にしてみてください。

概要

  • 実際に何時間並んだのか(平日:店外で2時間半)
  • なるべく待ち時間を軽減するにはどうするか
  • おひとりで行くと困った点

を中心にレビューします。

結果を先に書くと
入店まで2時間半かかりました!(ど平日)
入店してからもいろいろ並ぶ!
遠方から来る方はスケジュールの組み方に注意!」でした。

では詳細を見ていきましょう。



スターバックス・リザーブ・ロースタリーの中に入るまで2時間半待った平日夕方

STARBUCKS RESERVE ROASTERY TOKYOに平日を狙って行ってみました。
オープンの週末には「4時間待ち」とネット情報で見たものですから、平日ならマシか?と。
ところが・・

オープン6日目3/5(火曜日)17時に高級スタバに行ってみると…

正面入り口前の十字路で警備員4名が交通整理をしています。スタバの待機客が道をウロウロしているので、車と当たらないように整理しているのです。

スターバックス・リザーブ・ロースタリー・トーキョーの入店待ち客

交通整理する警備員が4人。

来るまでの目黒川沿いに、気になるスペースがあった。
▼なんだろ、この空間は?と。

整理券システム。発券待ちの客が並ぶスペース

スターバックス・リザーブ・ロースタリー・トーキョーの整理券発行機スペース

整理券の発券機があるスペース。土日祝はココにも並ぶんだろうなあ・・

ええ。「整理券をとるための行列のロープ」ですよ。

∑q|゚Д゚|pワオォ

またこの「整理券行列用スペース」がそこそこ広いんだ。

さすが平日?発券だけなら、すぐにできた。(発券だけなら)
係の人が言う。「およそ2時間お待ち頂くことになります」と。
えっ2時間!! う、うわあー!

店の前に意外と人が少なかったわけは!
整理券取った後どこかで時間を潰しているだけなのねー。
私も時間を潰さねば。おひとりでー。

待つ時に人がとる行動パターン→「どこかでお茶でもして待ってようか」「そだねー。駅前のスタバでお茶でも…って、そのお茶を!しに!ここに!来てんだよお〜!またお茶のむんかーい

という1人ノリツッコミを脳内で展開しながら、まだまだ寒い空の下。途方に暮れたのであった。

まあ並んで待つよりマシか。。

入場整理券の仕組み

営業開始は朝7時。
入場整理券は朝8時頃から配布しています。(※3月中旬、花見シーズン直前の情報)

朝イチ(営業は7時〜なのでゆとりを持って6時半ごろとか?)行けば整理券なしで直に入店できるとの情報があります。(※ただし花見シーズンには朝イチも危ういのでは?と予測されます。)

※入場整理券の発行数は上限があり、その日の予定数を超えたら「もうおしまい」という仕組みです。
なので「夜遅めに行けば入れるだろ〜」で呑気に行ったら空振りになる危険性大です。

入場整理券は「1人1枚」です。
例えば3人グループで行くとした場合「誰か1人が先に行って整理券3枚をもらい、後から来る2人に渡す」といった行為はできません。全員が整理券を各自で発券しなくてはいけません。

▼平日17:00時点で私に与えられし整理券番号。
結果から強調しておくと「17時に整理券GET→店に入れたのは19時半」です。

スターバックス・リザーブ・ロースタリー・トーキョーの整理券

(白い線でQRコード消したのは私が今、画像処理でやったのですよ。偽造防止?のため念押しです)

注意
整理券の実物は入店まで失くさずに持っておきましょう。
補足
なお、入店する際に整理券は係員に返却します。メールアドレスやLINE IDは登録削除されます。つまり「ついでに会員登録」をさせているわけでは、ない。行列の進捗を確認するためだけの登録なのです。宣伝メールが来るなどのウザいことにはならないからご安心を。

▼整理券のQRコードを読み取ってメールやLINEを登録でき、進捗状況を逐一確認できる。
スターバックス・リザーブ・ロースタリー・トーキョーの整理券

750組!?数字の大きさにビックリ。

17時過ぎで「750組」待ちの表示。(結局、入店できたのは19:30頃。)
つまり、750組が進むのにざっと2時間かかった。

注意
その日の状況によります。
あくまで参考ですね。

なお「入店したら◯時間で退店してください」との制限は言われない。極端な話、終了時刻の23:00まで長居してもOK。ふつうに過ごしていても自然に2時間は使うような内容です。
それに入店したからと必ず何か飲み食いせよと咎められることは、ない。グッズだけ買い物して退店しても構わない。なんなら写真を撮って満足して帰るのもあり。見学だけでもいられる。(入場料はなし。)

ただ「せっかく何時間も待ちに待って入ったんだから何か飲み食いしたい」という気持ちには、当然なります。
待ち甲斐のある店なので、待機時間の過ごし方を出来るだけ楽しく過ごしたいもの。「2時間ほどどうやってすごすか」を考えてみました。

スターバックスリザーブロースタリーの待ち時間の過ごし方。6つのご提案

待ち時間をどう過ごすか。6つご提案します。遠方から来られた方も同様だと思いますのでご検討ください。

  1. 近くの西郷山公園でほっこりする。
    土もあって心休まる公園ですよ。スタバという黒船がやって来る前の「ほのぼの中目黒」の趣がバッチリ残っています。
  2. 目黒川を見物。
    桜の季節は人がひしめき合っていますが、川を眺めてぼ〜っとするのもオツですよ。
  3. 中目黒駅前まで徒歩15分ほど戻って「スターバックスコーヒー中目黒蔦屋書店」に行って本を眺める。
    コーヒーを飲みながら読書のできる店ですが、このあと高級リザーブでコーヒー飲むわけですからね。立て続けに飲めないよという方は(座らずに)本だけ立ち読みしましょう。中目黒スタバはしご旅。往復時間だけで30分はかかりますので、計算して下さい。
  4. 隣のドン・キホーテ中目黒本店で安い缶コーヒーを買って飲む。
    「高級スタバ」の隣が「激安ドンキの総本山」という振り幅のデカさ。
    リザーブがオープンして以来、時間つぶし客の需要でドンキに売上貢献してるんじゃないかしら。安い缶コーヒーを飲んで、後でリザーブのコーヒーと比べて感想を述べる。安缶コーヒー対 高級コーヒー対決。
    店頭の水槽に泳ぐウツボさんを愛でる。
  5. エグザイルの事務所「LDH」がある中目黒。EXILEのグッズショップをのぞくのもいいでしょう。
  6. 近隣の街(渋谷、恵比寿、代官山など)に移動して買い物など楽しむ。
    2時間は微妙だが4時間あればたっぷりと堪能できます。

私は①(西郷山公園でダンスの練習をするJKを眺める)で20分過ごした後、寒すぎたので②(駅前のスタバ蔦屋書店で立ち読み)して2時間過ごしました。

お腹の空き具合は計算しよう

山手通り沿いにうどん店やラーメン店があってうっかり食べそうになりましたが我慢。せっかくだからリザーブの中で何か食べたいですからね…。

お腹が空くとつらい人、機嫌が悪くなる人(私)は、リザーブに行く予定の日は「食事するタイミングを計算」して参戦しましょう。

2時間半経過、店の前に並ぶ

お知らせメールが「お並びください」の表示に切り替わっている!

スターバックスリザーブロースタリーの待機案内画面

ご来店ください!!ハッピー感ある明るいブルーー!

一気に気分が高揚し、いそいそと店の前に戻る。が、突撃できるわけではなく、そこにも30名ほどの「入店直前の待機列」あり。もう少しだけ並ぶことになっています。

※進捗確認画面が「お並びください」に切り替わる前に、戻った方が良いです。(筆者は立ち読みに夢中になり出遅れた。←だからといって無効になることはないんだけど、少し時間をロスった感。)

店前の待機列に10分ほど並び、いよいよドアが開かれる。

なんとドアボーイが2人いて、うやうやしくドアを開けてくれた。いよいよ店内突入。

重要。店内に入っても「競争」は続く

巨大焙煎機に見とれる前に、席と飲み物とフードを確保すべし!
素晴らしい店内設備ですが見とれてしまってはいけません。店内見物は後からでいいんです。

  1. 席を確保
  2. 各種ドリンク提供バーに並ぶ
  3. ベーカリーに並ぶ

①席確保は最優先!鉄則!
②と③は前後してもいいですが、何はともあれ①席確保!
そうでなきゃドリンクとフードをゲットしたはいいが座る席がない…となってしまいます。

実は唯一、入店後に席の予約ができる所が3階にあります。「アリビアーモ バー」付近でタブレット端末を持ったスタッフに言うと予約を取ってもらえます。呼び出しブザーを渡され、席が取れたら鳴らしてくれる。ブザーが鳴る前に他で席確保ができたらそちらに座っても良い。(ただブザーはタブレットのスタッフに返しに行かなければいけないけれど…)

まあなんせ席確保にフロアを右往左往する感はあります。気力体力を使う。

ドリンク注文の注意事項

ドリンクを手に入れるにも、該当の注文カウンターに並ぶ必要があります。(15分)→注文→バリスタが作る間待つ(15分)→ようやくゲット。
計30分ほどかかりました。

フード(1Fベーカリーショップ)も同様。1から並びます。

つまり、ドリンクとパンとは「それぞれ別の」注文カウンターがあり、別々に並び直さないといけないのです!同時に注文できないのです!

さらにドリンクの中でも、コーヒーの注文、ティーの注文、アルコールの注文(バー)は、フロアもカウンターも別個です。専門が分かれています。
「コーヒーを注文する人の列」「ティーを注文する人の列」は別なのです。

仮に二人組でお店に来たとします。
「僕は1階のコーヒー」「私は2階の紅茶」など、カテゴリーが違う2人ならば、ふた手に分かれて並ぶべきです。常に2人帯同していると、単純計算で倍の時間がかかります。

できれば3、4人組でチーム編成して参戦できれば最高。

  1. 席確保担当(陣を張る)
  2. コーヒー列(場合により別途ティー列、アルコール列)担当
  3. パン列の担当

というように分担して同時進行。隊員同士で無線機、トランシーバー、そんなもの持っていない民間人はLINEで互いの進捗の連絡をしながらタスクを完遂→陣に集結→隊員が揃い次第「いただきまーす」する、この作戦がベストであります、隊長。

そうしないと、2倍、3倍の並び時間が費やされてしまうのです。

メニューは事前に公式サイトで吟味して目星をつけておこう

注文カウンターに並んでからメニューブックを見て選ぼうとしても、横文字だらけ外国語(カタカナ)だらけで、どんな飲み物だかさっぱり分かりません。おいしそうなものもたくさんあってなかなか決まりません。
もちろんバリスタに聞けば丁寧に説明してくれるけど、後続客が並んでいる焦りから、本当に納得行くまで説明してもらって悩んで選んで…というのは、やりにくいです。
メニューは事前にネットでたっぷりと吟味してから本戦に望みましょう。

私はここまで来ておいてアレですがカフェインがあまり得意ではなく、「カフェインのほぼ入っていない飲み物はありますか?」と入口付近のフロア係?に尋ねるところから始まり、さらに注文する段にもバリスタに提案してもらって、結局「よく分かんないけど、なんとかっていうハーブティー?」を勢いで選びました。笑

よくわからないものを頼む楽しさ、行き当たりばったりを楽しめる方はいいですが、そういうの嫌だと思う方は公式サイトでメニューを選んでおきましょう。

おひとりで行って困ったこと:分担ができない

おひとり参戦だと分担ができません。全コース、イチから自分で並ばないといけないのです!私は席確保のためマフラーをイスに置いて「ココ取ってるぜ」の目印にしたのですが。物を置き去りって落ち着かないですね。

2階のお茶専門「ティバーナ®︎」ではドリンクが出来るのを待つ用の「呼び出しブザー」が手渡されます。「ブザーが鳴ったらカウンターまでお越しください。それまで店内をご覧ください」的なブザー。

私は行ったり来たりが面倒だったのでカウンターそばでじいっと待っていたせいか…。長く感じました。15分は待ちました。
その時間を利用して初めて席確保に動いてもいいかもしれませんが…少しリスクは高まるでしょうね。

事前情報も予習もなしに無策で要領悪く、おひとりで参戦した私は、店内でなんやかんや合計40分以上は並びタイムを取られました。

プラスして、空席を見つけるために15分はウロウロしました。だってほぼ、空いてない
なのでテラス席にひとり陣を張りましたよ。まだ冬でしたが。高級スタバおひとり冬の陣。
店内が人の熱気で暑いので外が気持ちよかったです。(次第に寒くなりましたけどね〜…)

各階「並びポイント」

各階ごとにドリンクやフードの並ぶポイント、および座席のあるスペースは下記の通り。

1階
  • メインのコーヒーバーのカウンター席
  • 窓側テーブル席
スターバックスリザーブロースタリー東京の1階俯瞰

1階メインコーヒーバーカウンター席と窓側テーブル席

  • フード(パンなど)の注文レジ
    スターバックスリザーブロースタリー東京の1階プリンチ

    1階ベーカリー

  • グッズ物販レジ(これも人気で15分は並んでる)
2階
  • お茶専門の注文レジ&バーカウンター席
  • テーブル席
3階
  • カクテルバー「アリビアーモ」カウンター
スターバックスリザーブロースタリー東京の3階アリビアーモバーのカウンター

3階のアルコール含むカクテルのバーカウンター席

  • コールドブリュー(水出しコーヒー)バーカウンター席
  • オープンテラス席(雨天時は閉鎖)
4階
ほぼ座席の階

  • 大テーブル席
  • オープンテラス席(雨天時は閉鎖)

上階に昇るに従って人は少なくなっていき、座席も多く設置してあるので競争率は下がります。ヘタに下階でうろうろしてしまうより、割り切って一気に4階まで上がって確保した方が早いかも。

まとめ:スケジュール感「ほぼ半日かかるStarbucks Reserve Roastery」

「半日しごと」と心構えして臨むべし

観光地のノリです。エンタメ施設です。パンダの赤ちゃんやスカイツリー展望台、ディズニーランドなどと同じような感覚で想定してください。
あなたの込み入ったスケジュール帳のスキマ時間にサクッと組み込めるシロモノではありません。

朝早めに行くことをオススメ

整理券は上限があり、予定発行枚数を超えたらもうおしまいという仕組みです。よって、朝が無難です。「夜遅めに行けばいいや〜」ではダメ。終わってる危険性があります。

花見シーズンは避けた方が無難

スターバックスリザーブロースタリーが出来る前から、中目黒の花見客は大混雑なのです。

桜の期間は中目黒駅を出たところから警備員がおり交通整理しています。自由に歩けません。「順路」どおりに歩かなければならないのです。好きな場所で歩みを止めて好きなだけ写真を撮るなどもできません。行列というか行軍です。

桜まつりの時期の目黒川沿いは、おそろしいことになっていたのです。元からそんな中目黒へ、あえて(狙って)建てられた高級スタバなのですから、そりゃあもう凄まじい人混みになるのは目に見えているのです。

オープンテラスから桜を見ながら、桜をテーマにしたお茶を飲めたら、最高ですけどね〜…。

ご武運を!

オープン前に下見をした時の記事はコチラ

Follow me!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今あなたにオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です