東京オリンピック公式の熱中症対策。進捗状況2019年

東京オリンピック公式の熱中症対策。進捗状況2019年のアイキャッチ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年における東京オリンピック公式の熱中症対策の“検討”状況をまとめた公式資料がこちら。

ぜひ読んでみて頂きたいです。

どのように感じましたか?

ころえもん個人の感想→「細かいことは書けないのかもしれないけど。頼りないな。。」と。“検討中”の状況でこんな感じなのね。

結局は自分で!個人で!なんとかせねばならないんだな。。と思いました。

(あくまで個人の率直な感想です)




東京オリンピック公式の熱中症対策2019年での発表資料(検討中)で印象に残った点

↓上記公式資料より引用

今夏の新たな取組み

(1)『暑さ対策』のテストイベント

(2)今夏の訪日外国人に対する試行

(3)アイディアソンと甲子園の視察

(4)Tokyo 2020 COOLINGプロジェクト

(5)公式ライセンス商品 暑さ対策商品の販売

大会運営全般で全体を漏れがないように、きめ細かく検討していく。

引用:「東京2020大会 暑さ対策の検討状況」公益財団法人 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

(3)の甲子園の視察について掘り下げたい。

↓日刊スポーツの記事。

五輪組織委が甲子園視察で知見、暑さ対策など参考に

組織委スポーツ局スポーツ調整室の渡部雅之スポーツ調整担当部長ら4人が甲子園を訪れた。

一塁側、三塁側ともに背中にタンクを背負った運営スタッフ3人が観客にミストを散布していた。
渡部担当部長は「涼しくなるのもそうだが、ミストスタッフがスタンドにいることで、熱中症に気をつけようという観客への気付きにもなっていた。参考にしたい」

アルプス裏の通路にはクーラーが設置され、観客が涼むことが出来た。
東京大会では費用面や仮設会場などの問題があるため、同様の設備は用意できないというが、簡易的な「スポットクーラー」の設置を検討するという。

甲子園名物、かち割り氷も目にした。「飲み水のみならず体の熱い部分に当てて冷やせる」。
五輪で無料配布できるかとの問いには「スポンサーや飲料供給業者との関係もあり、無料配布をするなら相当の調整がいる」と難しそうだ。

引用:日刊スポーツ記事から

ミストを施設に設置するのと、タンクを背負ったミストマンが観客席を回って霧散布するのとでは、タンクの方が費用抑えられそうですよね。ボランティアは人件費ゼロだし(それもどうかと思うがその話はまた別の場所で

観客席の裏にクーラー設置などは費用面でできない、仮設の競技場にお金かけてもね、と。

うう〜む。。。一番暑い時期にやることが前提だった、なのに仮設だから金かけてクーラー仕込むことはできない、って。

お金かけられないっていう費用問題だって、先に分かっていたはず。

スケジュール、費用、暑さ、この3つを予め「同時に俯瞰で」見て物事決めてないから、暑さ対策の優先順位が下がってしまったわけですよね。

水分補給のネック「スポンサー、飲料供給業者との関係」

「かち割り(ナイロン袋に氷を入れたものの配布)」は無料では相当難しいとのこと。

理由:スポンサーにタダで水を配れとは言えない。

協賛企業になるために莫大な協賛金を払っている上に、タダで飲料などを供給せよと? 氷を用意してくれる業者が仮に居たとしても、協賛企業でない会社の出入りを許すわけにはいかない?などでしょう。

ここにもまた「しがらみがあって本質的な解決策を決行できない」が!

しょせん「情報発信」くらいしかできない?

公式資料に、やたら情報発信、情報発信と書かれています。もちろん大切なことです。(特に海外からのお客さんに)

が、「暑い、暑い。熱中症に注意!」「こまめに水分補給を」っていう情報が、オリンピック会場で発信されたところでね?次にどうするか、どこへ行けば何ができるか。

想像してみましょう。

激しく暑い中、行列に並んだり街中を移動してる時に、「38度です。猛暑です。熱中症に気をつけましょう。こまめに水分補給を」などのメールや声かけが来る。

「暑いですよ」←うん、暑いね。

「こまめに水分補給を」←もちろん。さっき買って飲んだよ。

で、さらに時間が経ち。水分補給タイムですよ。どこに飲み物売ってますか?あの長蛇の列ですか?

試合が始まってしまいますよ。何万円もしたチケットの試合。

マイドリンク持ち込み禁止?さっき会場内で長蛇の列に並んで買った公式スポンサーの飲み物、全部飲んじゃったよ!飲みたくても足りないよ!

っていう状況になるんじゃないか?と。

“入場待ちスペースの「子供達が植えたアサガオの涼しげなフラワーレーン」”

アサガオ見て、涼しくなろうって?

あ、はい

アサガオ見て涼しいと感じる感性。果たして外国人にも同じ感覚あるんでしょうか?

まあ「涼しげ〜」と感じたとして。事実上、科学上、体感上、温度は下げられるんでしょうか?

しかもアサガオは朝しか花が開いていないだろう。

開いてないアサガオを見ても涼しいのだろうか?

そのうち「稲川淳二に怪談を語らせて涼もう」とか言いださないか心配だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今あなたにオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です