33歳インハウスデザイナーだった頃に考えていたこと

思いにふける
スポンサーリンク
スポンサーリンク

私、漫画描いたりや小説書いたり、デザインしたり「表現したい」人だったんですが、30代前半あたりで、ふと「あ、自分って消費者目線でしか人様の作品見てないわ。。」と気づいて愕然とした。

ふっ、とその自覚は訪れた。

美術館とか見てても、絵そのものよりタイトルやキャプションや作者エピソード(ゴッホは自分の耳を切った等)の方にすぐ意識が行ってるわ。

あっ、私いま絵を見る根性投げ捨てて、すぐタイトルとか説明とか見てたよな。

絵ぜんぜん見てないじゃん。

絵よりも字(ありものの説明)を求めてる、安易なやつだなあ。

そんな気付きもその頃だった。

創作意欲の薄さ、アウトプット欲の薄さに気づいた。

33歳の頃。

グラフィックデザイナー・・とも言われたくもなかった。

「なんか、こう何でもないものになりたいな・・・」と思っていた。

本当に全てから解き放たれる根性なんてないけど。今なら分かる。

なんかそう思っちゃうんだもん。

ただ、その時はそう思っていた。思うだけ。



Follow me!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今あなたにオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です