東京オリンピック:組織的な熱中症対策の現在を羅列してみた。実験と検討と

2020年東京オリンピック

暑くてうんざり・もっさりするのと同時に、2年後のオリンピックの暑さ対策も気になる。
熱中症での負傷や死亡者が出たら…。と。

公式キャラクターのミライトワ、ソメイティの着ぐるみには冷却装置を取付可能な仕様となっているのだろうか??
彼らが倒れたらどうする!

海外メディアからも心配されてるよー。




暑さ対策について森会長はこのように語っている

時期ずらせばいいじゃんと思うも、この記事の中で森会長が「今さらムリ」的なこと言ってて。


↑記事内に暑さ対策も。

この人、適任なのか?
フィギュアスケートの浅田真央選手(当時)のことを「肝心な時にいつも転ぶ」だなんて死ぬほど失礼なこと言ったような根性腐ってる人よ。それが組織委員会会長って。敬意のかけらもない舐めた口きく人が「アスリートファースト」なんて考えてると思えないわな。
まあ、ころえもんよりは適任か。

しがらみがあって時期や大幅な時間帯はずらせなかった

“夜や朝5時に行うなど斬新なアイデアもあった”(上記記事より引用)が、“各競技連盟や団体の思惑が複雑に交錯して実現しなかった”んだってー!(出たあ!しがらみにがんじがらめで本質的にヤラカすやつ)

そーだねー夜中や早朝じゃ視聴率低いもんねー。(棒読み)
どこがアスリートファーストなのかなー。
今さら子供じゃないんだからオリンピックが商業イベントなのはわかるけどさぁ。(選手は一生懸命です。それをさておいたところでの商業主義)

それにしたって観客あっての儲けよねー?こんなんじゃ観戦に行かないよー。

観客が会場内に日傘やドリンクを持ち込むのは禁止

ええーー!!現時点、そうらしいです。。。びっくり。
テロや犯罪防止の観点からなのでしょうけど…。

こまめに水分補給の鉄則に遠く及ばない

自分で用意してきたドリンクの持ち込みがダメ、って、じゃあどうする?会場内に自動販売機がたくさん設置されるのかな??

日傘禁止って海で行われるセーリングやサーフィン観戦どうするの

マリンスポーツの試合観戦したことないけど、砂浜で見るんだよね?
パラソルが林立してるのかな?
巨大テントでも設置するのかしら?それも限度あるでしょう?
で、そこにマイドリンクを携帯することは許されないの?
普段の夏でも手元に常に飲み物を携行していないと不安になるころえもんは観に行けないよ。

日傘・・ドリンク・・。
当たり前に持ち込めるもんだと思ってた。。認識が甘かった。
ないと熱中症まっしぐらだよ。

まあ、日傘さしてると、後ろの席の人の視界を遮るわな・・。どうするんだろ。
観覧の事情、テロや犯罪防止、熱中症対策。どれもが拮抗する。悩ましいな。

(日傘やドリンク持ち込みokできるよう今後は検討するそうです。)

いくらでも自由に飲める、学校にあるような水飲みマシーンで無料で飲めるようにして欲しいけど。おそらく防犯的にも衛生的にもNGだろうねぇ。

飲料メーカーの宣伝にもなるんだから無料で無限に配布してほしいよね。野球観戦の時の売り子さんみたいな人が、そこらじゅうを回っててさ。

選手向けに各競技会場に専用休憩所

競技特性に合わせて体を冷やすための氷などを用意という案を検討中。

対策を検討するため試験的にセイリングの選手が実戦の休憩中に、シャーベット状のスポーツドリンクを飲んで、通常のドリンクとの体内温度の変化を比較して調べていました。(記事内の動画参照)

結果、液体状(通常のもの)とシャーベット状、ともに体内温度の下がり具合は大差なかったそうです。。。(だめじゃん)

ただ、ある選手の感想としては「シャーベット状の方が体が冷えていく感じがあって、後半戦も体の動きが良かった」(大意)だそうです。(いわゆる気のせいでしょうか。。)

入場を待つ観客が最も暑さの影響を受ける

入場待ちを20分以下に抑えるため、顔認証システムでスムーズに入場できるようにする案。

20分待ちに相当する行列の長さに仮設テントを設置し、日陰を作る&大型冷風機の設置。

並び方も蛇腹状ではなく一直線に並ばせることで、風に当たる範囲を広くするそうです。

暑さ対策でミスト噴射装置を設置

バス停などにミスト噴射システムを設置し、涼を取れるように。

洋服ベチャベチャ問題?

洋服がべちゃべちゃにならないのかな。汗とミストと。着替えは絶対必要ですね。
でも着替える場所ってそんなにあるのかしら。。←細かい心配が次から次へと出てくる。

マラソンに関して

組織委員会は対策として以下を準備している。

  • スタートを招致段階より30分早い午前7時に前倒し。<<ツッコミ<<7時でも既に30℃超えてますねって増田明美さんがNHKのオリンピック盛り上げ番組で言ってたよ。実際暑いわ。
  • 観客が自由に涼むため、コース沿いの店舗やビルで冷房の効いた1階部分などを開放する「クールシェア」の取り組みを活用。

とまぁ、いろいろ考えてはいるみたいですね。。

こうして、羅列してみましたけれど。
どんな暑さか分かっている日本人は、そもそも観戦に行かないかも。

あっ。(お察し)まさか。
行くのは日本の酷暑を知らない外国人の方ばかり??
観戦チケット、特に国内の販売量は︎冴えないかもしれません。

でもいつもそうだけど、なんだかんだ言ってワールドカップとかもそこそこ盛り上がるもんね。直前になって。

涼しい家の中から盛り上げるかも知れないけど。

Follow me!

あの店予約しましたか?↓ココからできます

希望するお店のプランをネット予約
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です