カフェイン負けする胃弱におすすめの理由「ローソンのカフェインレスアイスコーヒーは薄くてちょうどいい」

ローソンマチカフェのカフェインレスコーヒー

チェーン系カフェでカフェインレスコーヒー(デカフェ)が登場したのは2017年。

カフェインで胃の荒れやすい私は「朗報だ!」と小躍りした。

そして疑問もあった。
カフェインレスと、カフェイン入りと、味の違いはあるだろうか?
物足りなさは、どうだろう?
リピートしたくなるだろうか?

カフェインレス・コーヒーってどういう仕組みでレスにしてるの?

朗報であると同時に疑問点が浮上した。

「カフェインをレスにしちゃって…でもそれコーヒーなのか!?」

という哲学的とも言える疑問。

コーヒー−カフェイン=?

何が残るというのだ?

そもそもコーヒーって何だ?というほどの衝撃がある。

「クリープを入れないコーヒーなんて」という古いキャッチコピーがあるけど。クリープを入れないどころの騒ぎではない。「カフェインを入れないコーヒーなんて」ですよ。

調べる前に味わってみよう

そんなわけで各チェーン系カフェでカフェインレスを飲んでいる。悪くない。
特にコンビニの中でカフェインレスコーヒーを出しているのはローソンだけ。
近所ですぐに手に入るので、夜中に飲めればとても重宝する。味が良ければ生活に取り入れたい。

コンビニコーヒーで一番(店員の)手間ヒマをかけているローソン

今日はローソンのカフェインレスコーヒー(アイス)を飲んでみた。

すでに夜に1杯、アイスコーヒーを飲んでいたのに、さらに飲みたい気分で。
でも夜だし。胃が荒れては困るのでローソンのカフェインレスアイスコーヒーを買ってみた次第。

ローソンのコーヒーは他のコンビニと大きく違う。

セルフではなく店員さんが入れるところが大きく違う。
(オペレーションが増えて大変だ、この超人手不足のところに何考えてるねんフランチャイズ本部、というのをどこかで読んだ…。まあ本部も色々考えがあってのことだとは思うが、都会の忙しい店は大変だ)

カフェインレス アイスコーヒー(M)|ローソン

ローソン公式サイト↑にはどうやってカフェインレス化しているのか説明はない。

カフェインを97%カットしたコロンビア産アラビカ豆を使用。コクと香り、やさしい口当たりが特徴のコーヒーです。

引用:ローソン公式サイトより

お店のその場でカットしてる?まさか。

↓こちら、カフェインレスコーヒー全体にお詳しいサイト。

fat-combustion.com

ローソンのはどれなんだろう?
公式に載ってると助かったのだが。分からない。

苦味もありつつパアーッとフルーティーで爽やかみが広がる

身も蓋もない言い方すれば「うすい」と感じる人もいるでしょう。

味からに胃もたれ・胸焼け・カフェイン負けはしなさそうだし、実際しなかった。

うすい(ライト)だけどね、苦味もちゃんと保持できている。

こりゃあいい。助かる。

胃弱さんの2杯目のコーヒーや夜中のコーヒーとして使える

ローソンマチカフェのカフェインレスコーヒー

コンビニコーヒーの中で最も種類が豊富なローソン

うん、濃くてももたれてしまうので、これくらいでちょうど良い日もある。

コーヒー味のお茶感覚。

LOWSONマチカフェのカフェインレスコーヒーをひとことでまとめると「使える」けど「薄い」

結論。

カフェインレスだからとマズイこともないが。色のついた水感はぬぐえない。

カフェイン抜き生活を目指している人には使えますよ!薄い麦茶飲んでる感覚で。

私も胃の調子や体調、摂取時間にあわせて使い分けます。

というかカフェインレスじゃない普通のアイスコーヒーもローソンのは薄いわ(小声)

こちらもあわせて
>>ドトールのカフェインレス・アイスコーヒー

Follow me!

今のあなたにオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です